市民スタッフ

毎日市民スタッフが働いています

市民スタッフ 福島秀夫

 毎日朝集荷から学生が来る夕方までとれたのを支えています。福島さんと話すために来るお客さんも少なくないとか。長年とれたので働いている、このお店の顔のような存在です。

特別インタビュー

※インタビュー内容は2011年8月に発行されたフリーペーパー「やっほー」特別号に掲載されたものを一部改編して再掲しています。
  • 趣味は何ですか?

    pic

    ―最近はやってないが麻雀が趣味です。あとは旅行にいくのも好きで休みがあると必ず行っています。古い街並みが好きで、学生の頃から10 年ほどは、京都へ毎年行っていました。今年(2011年)は東北の中尊寺金色堂に行こうと思いましたが、世界遺産に指定されて客が増えると思ったので京都に行く予定です。東京ディズニーランドも浮世感が好きでよく行っています。特にカリブの海賊が好きでよく乗っています。

  • とれたので働いていて意義を感じる時は?また、印象に残っていることはありますか?

    ―地産地消であること。おいしいなどの声をかけてもらえると嬉しいです。旬のものしか置いていないので、高齢者の方も含めての一種の食育にもなります。印象に残っていることは、(昔経営していた)玩具屋で手に入りにくいドラクエなどを提供して喜ばれるときとは異なった商品提供時の喜びが野菜販売にはあるということです。

    pic
  • 学生と関わってどうですか?

    ―ジェネレーションギャップを感じることもある。 今の学生も立ち上げの頃の学生と同じように頑張ってほしい。 バイトの方がお金になるのにとれたのでやってくれている学生は 偉いと思います。


市民スタッフ 鈴木さん

 福島さんとともにとれたので働く市民スタッフ。学生が経営会議をしている水曜日には一日中お店に立っています。

営業時間・アクセス | お問い合わせ | NPO法人くにたち富士見台人間環境キーステーションとは

HOME農家紹介くにたち野菜地域物産市民スタッフ大学生が経営とれたの塾

Copyright © 2014 NPO法人くにたち富士見台人間環境キーステーション All rights reserved.

アクセスカウンター
着物買取着物買取着物買取宝石買取ブランド買取